インド占星術鑑定室 -Astrological Academy-

アーティクル

占星術の理論の説明、鑑定事例の紹介等

西洋占星術

ハーフサム(ミッドポイント)


(1)ハーフサムのもとになった考え方

 ハーフサムのもとになった考え方はボタナスの古典の中にあると言います。 現代になって基になったのは、ウィッテの「ウラニアン占星術」があります。 ですがウラニアン占星術はあまりに虚星を多く用い過ぎるので、根拠が曖昧になると考える人達がいました。 彼等が実星のみを使用する新しい占星術を作り出しました。それがハーフサムです。


(2)エバーティンのハーフサム

 ハーフサムはドイツのエバティーンが創始したものです。 2個の天体の中間点に占星的な何らかの特徴を見出しました。 周囲の環境の整備状況を示すのがハーフサムの特徴です。 ハーフサムの軸になんらかの感受点が接する時、周囲の環境が有利なのか不利なのか判断をしていきます。 ハーフサムの研究には多くの医師が協力しているので、医療占星術の有効な道具のひとつとしてとして高い評価受けています。 治療軸、死の軸等高い確率を誇っています。


(3)45度法のハーフサム

 エバーティンが晩年発表した45度法のハーフサムを石川源晃氏が1978年から八分円法(45度ダイアル)と称し米国で発表しました。 この45度法は、アディーが開発した第8調波に相当する技法です。 45度法ハーフサムは非常に有効な手法との評価があります。45度法はハウス方式を使用しませんので、生まれ時刻が判明わからなくても、大筋で予測することができます。 しかしながら、従来の太陽占星術等と比べると数段高い精度と論理的整合性を持っている便利な技法です。

45度法の表示例

(4)「ハーフサム」見方

 ハーフサムは接触天体によって判断をしていきます。いかはその一例です。

    @ 接触天体が木星の時よい結果が出る。
    A 接触天体が土星、結果が出るのは遅いが、悪い結果ではない。
    B 接触天体が海王星の時、よい結果は出ない。
    C 医療に関しては、木星以外のどの天体が接触してもよくない。