インド占星術鑑定室 -Astrological Academy-

アーティクル

占星術の理論の説明、鑑定事例の紹介等

西洋占星術

分割調波(Divisional Harmonics)


(1)分割調波とは

 ハーモニクスの考え方を更に発展させたものです。 ジョン・アディーがまだ未完成のままにしていた第2調波の考え方を石川源晃氏が継承する形で発展させました。 従来の占星術では曖昧になっていた点が実に明快に表示されます。 自然現象の予測、因縁的な人間関係等を見ていけます。 分割調波はアディー調波と出生図の中間的な存在になり、火地風水のトラインを最も重要な表示として優先的に考えます。


(2)分割調波の見方

 分割調波の見ていくポイントは以下のようなものです。

    @ 惑星分割の天体の内で7度、8度の天体を重視する
    A 各分割惑星とも太陽分割と月分割を重視する
    B その中でも、トラインを特に重要視する

等のポイントがあります。
なお、注意すべきことはハーフサムにしても分割調波にしても、ネイタルチャートだけでは曖昧な点がはっきりする点です。 これによって、ネイタルチャートが示す傾向とと矛盾した結果が示される訳ではありません。