インド占星術鑑定室 -Astrological Academy-

アーティクル

占星術の理論の説明、鑑定事例の紹介等

インド占星術

ヨーガ

ヨーガとは

 ヨーガは結びつきという意味になります。インド占星術におけるヨーガとは、惑星やハウスがコンビネーションによって結びつく事で、ヨーガの数は1000以上あるといわれています。しかし、ヨーガの中にはさして重要でないものが沢山あります。素直に読んでいけばヨーガの名前を知らなくても結果として同じようなリーディングになることも多いです。ですので基本となる確実性の高いヨーガを重要視していけば十分です。ここでは特に重要なヨーガであるラージャヨーガとダーナヨーガ等に絞って解説をします。


ラージャヨーガ  ラージャヨーガはラージャは王者の意味で、王者のコンビネーションという意味になります。その名の通り、社会的成功、高い地位、名声、権力などをもたらします。幸運のハウスであるトリコーナハウス(1,5,9)と影響力の大きいケンドラハウス(1,4,7,10)が結びつく事により成立します。ラージャヨーガの数は一定以上の数があることが 望まれます。しかし同時に、ハウスの在住、支配、コンビネーションの強さ等品位を見ていくことも重要です。
ダーナヨーガ  ダーナヨーガとは富、財産をもたらすコンビネーションです。トリコーナハウスの支配星と財産、収入を表す2室、11室の支配星との結びつきにより成立します。
チャンドラマンガラヨーガ  月と火星のコンビネーションによって成立します。富をもたらすヨーガですが木星のアスペクトがない場合、強引な手段による実行力がめだちます。
ガージャケサリヨーガ  月と木星がケンドラ関係(1、4、7、10)の位置関係になる場合、永続する名声、学識、記憶力、組織のリーダーなどをもたらすヨーガとなります。
グルマンガラヨーガ  木星と火星のコンビネーションによって成立します。本人の努力により高い地位を獲得するヨーガです。
ケマドルマヨーガ  月の両側のハウスに太陽、ラーフ、ケートゥ以外の惑星が存在していない場合作られます。心の寂しさや孤独を意味します。このヨーガがあるからといって、必ずしも結婚できないとか友達が少ないということはありません。