インド占星術鑑定室 -Astrological Academy-

アーティクル

占星術の理論の説明、鑑定事例の紹介等

インド占星術

ダシャー

ヴィムショッタリ・ダシャー

 インド占星術は的中度の高い占いですが、その中でも驚異的な結果を示すのがダシャー(運命サイクル)です。西洋占星術にはその時の運気を示すプログレス、トランジットはありますが、中長期的な運の動きを見るダシャーの概念はありません。

 ダシャーは30種類位あります。主なものにヴィムショッタリダシャー、ヨーギニダシャー、ジャイミニチャラダシャー、アショッタリダシャー等々があげられます。その中でもヴィムショッタリ・ダシャーは最も的中率が高いと言われています。私の鑑定経験の上から考えても、ヴィムショッタリ・ダシャーは他に優先する法則のように思われます。

 ラーシチャートに示されている仕事の成功、結婚、健康その他人生全般の傾向について、ヴィムショッタリーダシャーではどの時期に現象化するのかがわかります。鑑定経験から言っても、実際にダシャーの切り替え時の前後に起こる環境変化は驚くべきものがあります。多くの転職、大病、結婚、離婚、転居等々人生の大きな変化はダシャーの分岐点の時に起こっています。マハーダシャーはその時はあまりぴんときませんが、数年ベースで考えると、よくその時期全体の傾向を示しています。

 ダシャーの吉凶はその時のマハーダシャーに当たる惑星の吉凶でほぼ決まります。その吉凶を判断する為には惑星の支配、在住、高揚減衰等の惑星の位置、アスペクト、コンジャンクション、ヨガ等の基本的な原則をよく知る必要があります。惑星の機能的吉凶が的確に判断できれば、各ダシャー期の吉凶判断は難しくありません。


ヴィムショッタリーの期間

 ヴィムショッタリーダシャーは9つの惑星に6年から20年の期間を与え、合計120年でマハーダシャーが一回りする周期技法です。それぞれの惑星が受け持つ期間は更にアンタラダシャー、プラアンタラダシャー、シュクシュマダシャーと細分化され、人生の細かい時期のイベントまで見ていく事ができます。

マハーダシャー 期間
太陽 6年 
10年 
火星 7年 
ラーフ 18年 
木星 16年 
土星 19年 
水星 17年 
ケートゥ 7年 
金星 20年 
合計 120年 

 ヴィムショッタリダシャーはナクシャトラをもとに計算されます。細かい計算方法についてはここでは省略しますが、各人の生まれつきの月のサインと度数の位置によって計算をします。たとえばある人が、アシュヴィニーのナクシャトラの時に生まれたとすると、このナクシャトラは下図の通りケートゥに支配されることになります。そうするとこの人の生まれた時点でのダシャーは、ケートゥからはじまります。


ナクシャトラ

 ナクシャトラとは黄道12星座をサインとは別の方法で区別したものです。月の星宿と呼ばれます。12星座360度を27個、一つの星宿の度数13度20分で区別した方法が用いられます。ナクシャトラの一つ一つに支配星が割り当てられその順番がヴィムショッタリダシャーに反映されます。ヴィムショッタリの始まりの惑星は、月が在住するナクシャトラの支配星からとります。ナクシャトラの順番は牡羊座の0度のアシュヴィニーから始まります。


  ナクシャトラ   支配星
アシュヴィニー ASHWINI ケートゥ
バラニー BHARANI 金星
クリッティカー KRITTIKA 太陽
ローヒニー ROHINI
ムリガシラー MRIGSHIRA 火星
アールドラー ARIDRA ラーフ
プナルヴァス PUNAR VASU 木星
プシャー PUSHYA 土星
アシュレーシャー ASHLESHA 水星
10 マガー MAGHA ケートゥ
11 プールヴァ・パルグニー PURVA PHALGUNI 金星
12 ウッタラ・パルグニー UTTRA PHALGUNI 太陽
13 ハスタ HASTA
14 チトラー CHITRA 火星
15 スヴァーティ SWATI ラーフ
16 ヴィシャーカー VISHAKHA 木星
17 アヌラーダー ANURADHA 土星
18 ジェースタ JYESHTHA 水星
19 ムーラ MOOLA ケートゥ
20 プールヴァ・アシェーダー PURVA ASADHA 金星
21 ウッタラ・アシェーダー UTTRA ASADHA 太陽
22 シュラヴァナ SHRAVANA
23 ダニシュター DHANISTA 火星
24 シャタビシャー SATABHISHA ラーフ
25 プールヴァ・バードラパダー PURVA BHADRAPAD 木星
26 ウッタラ・バードラパダー UTTRA BHADRAPAD 土星
27 レーヴァティ REVATI 水星