インド占星術鑑定室 -Astrological Academy-

アーティクル

占星術の理論の説明、鑑定事例の紹介等

職業/適性

専門職として独立したTさん

 会計事務所を独立したばかりのTさんのチャートである。公認会計士といえば代表的な専門職の資格である。とはいえせっかく資格をとってもそれを活かしきれず結局サラリーマンのままで終ったり、会計事務所でそのまま使われている人も多い。そんな中で思い切って独立したTさんの運命はどのようなものになっているだろうか。


チャート

 職業と言えばまず10室をみることになるが、蟹座10室には土星が在住し4,5支配のラージャヨガカラカになっている。確かに専門職として独立するだけの力はある。人の部下になるタイプではない。アセンダントラググナの第1室にはラーフがありわが道をいくタイプなので運命的にも独立運である。

 事業運をみると土星が在住する蟹座は月支配であり、山羊座4室にアスペクトバックしている。木星も4室にアスペクトをしているので、4室のパワーはあるので定期的に相談する相手は見つけやすい。ビジネスパートナーを表す7室を見ると、ケートゥ、9,12支配の水星、10室支配の月が在住し、ラージャヨガを形成している。これからみるとTさんは緻密な頭脳をもったパートナーを得やすいタイプである。

 しかし、一方で6室金星が高揚し1,8支配であり、凶星の火星も6室に在住し2,7支配である。この金星と火星はタイトなコンジャンクションとなっている。競争心は極めて旺盛である。ビンドが34点もあるので競争力を持つ反面、パートナーと喧嘩しやすいタイプでもある。7室の強さをとにかく心がける事が肝要となる。 8室は太陽と木星でスーリアグルヨガである。研究心旺盛で高い専門技能を誇る事ができる。木星が3、6支配の8室在住でヴィパリータラジャヨガになるので職業的には成功をおさめるだろう。しかし、3,6支配で敵対星、機能的凶星となる。仕事上で高い理想を求めすぎるが故にそれがクライアントや取引先からは受け入れられなかったり、衝突する要素をもつ。


チャート

 ダシャムシャを見ると、土星と太陽が星座交換で専門職として独立運がある。木星がアスペクトバックし射手座を強めるので発展力も期待できる。 ナヴァムシャは月が減衰しているが木星と1−7関係のガジャケサリヨガで火星高揚となっている。生活面仕事面で孤立する傾向はあるが、それなりのリーダーシップは発揮できる。クライアントやパートナーと上手につきあっていけるかどうかがが成功の鍵になるチャートである。